Sacro Wedgy/セイクロウェッジー(仙骨リリース)使用方法

セイクロウェッジ―の上で横になりましょう

筋肉バランスの歪みを治すのに一番大切なことは、セイクロウェッジの上で横になりリラックスすることです。この時に首がしっかりと安定していることが重要です。

 

人体のキーストーンと言われる仙骨を支えながら持ち上げるために、セイクロウェッジを仙骨の下に置きます。キーストーンとは、アーチを建設する際に最後に打ち込まれる石のことで、このキーストーンがないとアーチの構造全体が崩壊してしまいます。

多くの人にとって、セイクロウェッジの使い始めは少し違和感を感じるかもしれません。仙骨を見つけることも大変かもしれません。仙骨は腰のすぐ下にある三角形の形をした骨で、尾骨(尾てい骨)と接続しています。

 

セイクロウェッジを使用いているときは、別の仙骨の上に横になっているような感覚であり、仙骨の筋肉や靭帯に緩みが出るまでは圧迫感を感じるかもしれません。

 

使い始めは、膝を曲げて足を床につけ、腰から足の間で、クレードル(仙骨のカーブ)を感じるまで1~2cmごとに手を使ってせイクロウェッジを動かし、位置を決めてください。

 

背中に少し痛みを感じる場合があります。人によっては全く感じないかもしれません。仙骨周辺の筋肉や靭帯が緩み始めることによって、痛みや違和感が消失し、骨盤周りがリラックスしてきます。